物理化学,表面科学,分光学的手法を用いて,
太陽系の物質(彗星や隕石,地球の水など)が,宇宙でどのようにしてできたのかを知るために実験研究しています.
(北海道大学低温科学研所に所属していたときに書いた学生を対象にした記事).

最近では、地球大気化学や植物学など、さらに広い分野への貢献も目指しています.

より具体的には,宇宙の塵,地球のエアロゾル,海洋表面,植物の葉,ヒトの皮膚といった
「これまでの物理・化学では研究対象としてほとんど扱われてこなかった系」で何がおきているのかを明らかにし,
これらが宇宙の物質進化や地球の物質循環に与えている影響を解明したいと思っています.

研究の詳細な内容は以下のプレスリリース記事をご覧ください.

超高真空・極低温のアモルファス亜酸化窒素(N2O)の構造を解明:機能性有機薄膜や氷星間塵の研究への応用も
水/高圧氷の界面に〝新しい水″を発見!水の奇妙な物性の謎に迫る画期的な成果
・星間有機物が地球の水の起源に~地球型惑星の水の起源解明に期待~
・植物の葉のクチクラの構造を分子レベルで解明
・-220~-120℃で液体のようにふるまう氷を発見
・極低温氷表面における水素分子のエネルギー状態転換機構の解明
・宇宙・太陽系の水の起源の定説を覆す
・極低温氷表面での水素原子トンネル拡散を初めて観測
・「量子効果に見えない」奇妙な量子トンネル効果の発見
・地殻内で形成されたダイヤモンドを発見

オープンアクセスになっている日本語の記事
・2016年サイエンス誌に載った日本人研究者(「サイエンス誌に載った日本人研究者」2017年号)
・Journal of the Vacuum Society of Japan「10 Kの氷から光脱離する水の核スピン異性体比と宇宙の水の起源について」
・日本地球惑星科学連合ニュースレター「太陽系の水の起源を知るための室内実験」
・地球化学「星間塵表面反応の速度論と同位体分別」